意外なインテリアの「ツボ」
スイッチプレートの交換をもっと気軽にお楽しみください

リフォームや新築をされたお客様から、「せっかくお洒落な部屋にしたのに、プラスチックのコンセントやスイッチが気になる」という声をよく聞きます。センスの良い住宅メーカーやリフォーム会社でも、特にリクエストが無い限りは標準的なものを採用しているようです。

でも、あきらめることはりません。日本国内では住宅のスイッチやコンセントのプレートサイズがJIS規格で決められていて、DIYでも簡単に交換できるものがほとんど。カーテンやクッションカバーを交換するように、スイッチプレートやコンセントプレートも衣替えが可能です。

賃貸物件でも交換可能!引っ越し時にもとに戻せばOKです

ほとんどのプレートが規格サイズなので、賃貸住宅の場合でも取り換えは可能です。慎重にプレートを外して交換したら、既存のプレートは保管しておけば、退去時に元に戻すことができます。
自分の好みや、インテリアスタイルに合ったスイッチプレートを楽しめます。
※ ご契約の条件や規約など、ご確認の上ご使用ください。

スイッチプレートご購入の前にご確認ください

1.プレートを交換したい場所のスイッチまたはコンセントの形状を確認する

2.カバーの取り外しや交換が可能かどうか確かめてみましょう

スイッチやコンセントのプレートサイズは、国内のJIS規格で決められていて、簡単に取り外しができる仕組みのものがほとんどです。
交換方法のページにしたがって確認するか、施工店へお問い合わせください。

※ まれに構造上取り外しが困難な場合もあります。
※ アメリカンスイッチなど、輸入スイッチ・コンセント、または設計上特殊な形状の場合は交換ができない場合もありますので、十分にご注意ください。

3.1口〜6口、ワイドなど、形状に合わせたライナップの中から、好みのデザインをお選びください。

素材やスタイルからも、商品を選択できます。

Top